DRESS

キャバドレスにはどんな種類があるのか

キャバドレスという服の名前を聞いたことはありますか?キャバドレスとはキャバクラで働く女性、つまりキャバ嬢達が接客をする際に着用している豪華絢爛なドレスのことを指します。このキャバドレスにはどのような種類のものがあるのでしょうか。まずキャバドレスの定番とも言えるのが、ロングドレスと呼ばれる足下まで覆い隠すようなドレスです。
こちらのドレスは優雅さや豪華さの反面足下の露出が少なくなるため、胸元や肩や背中などを大胆に空けたデザインのものが多い傾向にあります。一方ミニドレスと呼ばれるものは足下、特に太ももやふくらはぎといった部分の露出が大胆な短い丈が特徴のドレスです。セクシーさから目線も釘付けとなり、男性ウケも抜群であることから、昨今ではこちらのミニドレスが流行となっているようです。
またロングドレスの亜種である「マーメイド」と呼ばれるタイプのものも定番となっています。裾が人魚の尾びれを模したように広がっていることから名付けられたこのドレスは、ヒップなどのボディラインが浮かび上がるため、体型に自身のある方が好んで着る傾向にあります。このようにキャバドレスといってもたくさんの種類が存在しています。夜の蝶達はこういったドレスを着こなして男性の接客に勤しんでいるんですね。

キャバドレスを購入するメリット

キャバクラで働いている女性の多くはレンタルしたキャバドレスで仕事をしていますが、キャバドレスは購入してしまった方がメリットは大きいと言えます。実際に売れているキャバ嬢のほとんどはレンタルではなく自前のドレスで接客をしています。まず、レンタルしたキャバドレスだと汚さないようにしないといけないという意識が出てしまいます。
そうなると接客にも集中できなくなってしまう可能性がありますし、質の低い接客は指名などには繋がりにくくなってしまいます。またアレンジが可能になると言うのもメリットになっていて、基本的にレンタルしたキャバドレスはそのままの形で返却する必要があります。なので自分の判断で丈を短くしたりする事はできなくなっています。
しかし自分で購入したキャバドレスであれば私物になりますので、原則として自由にアレンジできます。もちろんあまりにもお店の雰囲気にそぐわない場合やお客さんからの評判が悪いなどの時には修正しなくてはいけませんが、そうでない限りは好きなデザインにできると言えます。なお購入したキャバドレスはオークションなどで売却する事も可能なので、金銭的な負担もそれほど大きな物にはなりにくいとされています。

キャバドレスはミニとロングどちらが有利?

キャバドレスの主流は大きく分けてミニスカートとロングスカートになります。その他にもパンツスタイルやコスプレ系などいくつかありますが、大別するとミニかロングかに分かれます。そして多くのキャバクラ嬢が気にするのがどちらが有利なのかという点になっていますが、これは一概にどちらが有利と言う物ではありません。
と言うのもそれぞれにメリットとデメリットがありますので、自分が働いているお店の雰囲気や来店するお客さんの層などによって変えることが重要なポイントになっています。例えば比較的安い金額で楽しめるような大衆店の場合、お客さんの層も若い方が多くなります。
なので大人びていて落ち着いた印象を与えるロングドレスだと気後れしてしまう方や緊張してしまう方が出てしまう可能性があります。また、逆に高い年齢層の方が楽しむような高級店の場合はロングドレスの方が良いでしょう。
このような高級店ではムード作りなどを重視している傾向が見られますので、若々しい印象を与えるミニスカートだとやや浮いてしまう可能性が出てきます。したがってどちらが有利と言う物ではなく、お店の雰囲気などを総合的に判断してどちらが適しているかで考えることが重要です。

recent contents

»More Contents
TOP